スキャルピングとは?スキャルピングトレードの定義と利益をのばすコツ

スキャルピングとは何か?

わかっているつもりなのに、いざ聞かれると
答えに戸惑ってしまいませんか。

ここではそんなスキャルピングについて独断と偏見で
決めた定義と私のトレード経験をもとに利益が伸ばしやすい
条件とエントリーポイントについてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スキャルピングの定義。

『スキャルピングとは何ですか?』と聞かれて、明確に
答えられない。

そんな人が多いスキャルピングについて、みんなが
口をそろえて答えることができるのがこれです。

『短時間で売買を繰り返し、小さな利益を狙って
利益をコツコツ積み上げるトレード』

いっけんすると、すごく明瞭な答えのように
聞こえますが、みんなが迷う部分が”短時間”の
具体的な時間なんです。

まあ、そんなちっちゃなことは実はたいした問題
じゃないのに、いざ聞かれるとついつい考えちゃうん
ですね^^;

でっ!私がどう考えているかというと数秒から
30分でトレードを完結させる。

これをスキャルピングトレードと定義しています。

何で30分なのか?

スキャルピングトレードは空いた時間でパパッと
稼ぐと考えています。

なので、空いた時間というと30分くらいが
限界かなということで30分にしたと
いうわけです^^

スキャルピングトレードは保有時間が長くなると勝率が低下する

それでは、実際のトレード時間はどれくらいかと
いうと、ほとんど5分以内でトレードを完結して
います。

私の使うスキャルピング手法は、保有時間が長く
なればなるほど勝率が悪くなる傾向があるの、
最近では意識的に短くしているところもある
のですが。

でっ、保有時間が長くなると勝率が悪くなる
ということには例外もあります。

利益をのばすコツ!利益が伸ばしやすい条件とエントリーポイント

保有時間が長いと勝率が低下してしまう
スキャルピングトレード。

そんなスキャルピングトレードにも保有時間を
長くすることで、利益が伸ばしやすくなる
条件とエントリーポイントがあります。

その条件とエントリーポイントはこちらです。

○レンジブレイクのタイミングでエントリー

狭いレンジで膠着しているところで
レンジを抜けたタイミングでエントリーできると
長く保有することで利益を伸ばせるケースが多いです。

○強いトレンド発生時にトレンド方向へのエントリー

強いトレンドが発生しているときのトレンド方向への
エントリーは長く保有することで利益を伸ばせるケースが
多いです。

このケースでは

★ボリンジャーバンドの2σで止められたところ

ボリンジャーバンドストップ

★2σから反転したところ

ボリンジャーバンド反転

ボリンジャーバンド反転2

がおいしいエントリーポイントになることが
多いです。

これだとちょっとわかりにくいかもしれないので
売りと買いに分けて説明します。

【売り】

★ボリンジャーバンドの+2σで止められたところ
★+2σから反転したところ

【買い】

★ボリンジャーバンドの-2σで止められたところ
★-2σから反転したところ

という感じです。

ちなみに何分足のボリンジャーバンドを
見ているかというと1分足です。

但し、通常のボリンジャーバンドではなくて
スーパースキャルピング225のJpan225
の設定チャートを使っています。

1分足チャート以外にも15分、30分、1時間、4時間、
日足、週足のチャートも見たり、使ったりします。

でも、スキャルピング手法は1分足チャートをメインチャート
にしています。

というのも体験から学んだんことなのですが、スキャルピングで
長い時間軸のチャートをメインすると大ケガするので^^;

スキャルピングの由来

トレードはポジション(建玉など)の保有時間や
トレードに使っているチャートの時間軸によって
よびかたが違います。

一般的に保有時間が長い方から

★スイングトレード
★デイトレード
★スキャルピングトレード

と呼ばれます。

個人的な感想なのですが
スキャルピングトレードってなんか
かっちょい~じゃん』なんて思ったり
しています。

そこで、なんでスキャルピングというのか
由来を調べてみました。

するとインディアンが行っていた

”頭の皮を薄く剥ぐ”

というのがスキャルピングの言葉の
由来だって言うじゃないですか。

何とも勇ましいやらゾッとするやらな
由来ですね。

ということで調べなければ良かったなと
思う今日この頃です^^;

まとめ

さてここまで脱線話をまじえてスキャルピング
トレードの定義と利益をのばすコツについて
お伝えしてきました。

スキャルピングトレードの定義は・・・

○数秒から30分でトレードを完結させる

利益をのばすコツは

○レンジブレイクのタイミングでエントリーする
○強いトレンド発生時にトレンド方向へのエントリーする

でしたね。

スキャルピングトレードの定義はさておき
利益をのばすコツが、少しでもお役にたてたら
幸いです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク