ツール+独自ルールでスイングトレード+1000オーバー中!

こちらのスイングトレード手法を覚えて
いますでしょうか?
オリジナルスイングルール

1年以上前のかなり古い話なので、ほとんど覚えていない
だろうと思います^^;

でも、私にとっては現在進行形で使っているスイング
トレード手法です。

このスイングルールは出現率がかなりすくないのですが
+1000オーバーを狙える数少ないスイングルールなので
虎視眈々とチャンスを狙っています。

特に昨年の後半は、急激に下げていたので、良いところで
サインが出るのでは!

と期待して毎日サインをチェックしていました。

結果として、最高のタイミングでサインは出たのですが、
最良のポイントではエントリーできませんでした・・・

スポンサーリンク
スポンサードリンク

最良のエントリーポイントでトレードできなかった理由

最良のエントリーポイントでトレードできなかった理由を
お話する前に最高のタイミングでサインが出たところを
チャートでごらんください。

相場案内人

左の矢印がサインが確定したポイントです。

サインが出たのは、12月25日。
サインが確定したポイントは18970円です。

それでエントリーポイントはというと
右の矢印です。

本来はここでエントリーなので、18940円でエントリー
できるはずでした。

直近の最安値が18840円ですから、かなり良い
エントリーポイントですよね。

しか~し、私にはここでエントリーできない理由が
ありました。

その理由と言うのは、日経225先物ではなくて
CFDでエントリー待ちしていたからです。

CFDやFX取引をしていない方は、ピンと
こないかもしれないですが、12月25日は
クリスマス休暇のために夜間のトレードが
できません。

ですので、サインの確定を待って夜間セッションで
エントリーは無理だったのです。

そこで、サインが出ることは、ほぼ間違い
なさそうな状況だったので、サインが
確定する前の日中にエントリーしました。

それで、いくらでエントリーしたかというと
19288円でした。

本来のエントリーポイントより348円も
不利な位置でのエントリーです。

しかも、エントリー後に直近最安値の18840円を
付けているので、かなりの含み損を抱える局面も
ありました。

でも、反転する自信があったので
焦ることなく今に至っています。

ちなみに今日(1月8日)の夜間寄付き時点での
含み益は約+962でした。

日経225先物の正規エントリーポイントで
エントリーしていたら楽~に+1000オーバーの
+1310だったのちょっと悔しいです。

とついついタラ・レバを考えてしまうメメしい
ところが、なかなか治らない持病です^^;

決済ポイントは?

実は、純粋のオリジナル決済ルールなら今日の
夜間寄付きで決済でした。

しかし、週足を見るとけっこう上まで狙え
そうな気配なので、今日の決済は見送り
ました。

週足チャート

CFD週足チャート

今の段階で決済ポイントとして見ているのはこの4か所です。

ボリンジャーバンド-1σ

一目均衡表転換線

抵抗力の強そうな水平ライン

一目均衡表基準線

上から順に

●ボリンジャーバンドの-1σ(20672円)
●一目均衡表の転換線(20843円)
●抵抗力の強うそうな水平ライン(21204円)
●一目均衡表の転換線(21693円)

です。

このほか、きりの良い+1500に到達での決済も
考えています。

さて、結果はどうなるか?

結果が良くても悪くても決済したら
あらためて公開しますので、たま~に
ブログをのぞいてみてください^^

追記

1月18日に+1500に到達する20788円に決済指値をおいて

無事決済できました^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク