テクニカルトレードは矛盾だらけ!?矛盾で損する理由と対処法

テクニカルを使ったトレードをはじめると
すぐに矛盾があることに気がつきます。

矛盾があるからこそ迷うこともありますし、
矛盾のせいで悪い結果になってしまうことも
あります。

そのテクニカルトレードの矛盾とは何なのか?
悪い結果にならないためにはどうすれば良いのか?

これを知らずにテクニカルトレードをはじめると
負けトレードを重ねてしまう危険があります。

ですので、これを読んで負けるリスクを
小さくしてトレードに挑んでください!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

テクニカルトレードの矛盾とは

まず、テクニカルトレードとは何なのか?

ここではテクニカル指標やトレンドライン、サポートライン、
レジスタンスラインと価格の変動により売りと買いを
判断するトレードとして話をすすめていきます。

例えば単純移動平均20本線を価格が上抜けたら買い。
単純移動平均20本線を下抜けたら売りといった
トレードです。

これだけを見るといっけん明確なルールですよね。

でも、チャートは良く使われる時間足だけでも
1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足
2時間足、4時間足、日足、週足とたくさんあります。

ということはチャートの数だけテクニカルがある
わけです。

するとどうなるかというと1分足の価格は20本足の上に
あって、5分足では下にあるといことがふつうにある
わけです。

言いかたを変えると1分足では買いだけど5分足では
売りという矛盾した状態になります。

それでは、一つの時間足のチャートを見ているなら
矛盾はないのか?

実は同じ時間足でも矛盾はあります。

同じ時間足の矛盾とは

さきに違う時間足の売り買いの矛盾についてお話
しました。

続いては同じ時間足の売り買いの矛盾について
お話します。

同じ時間足でおこる矛盾とは、オシレーター系指標を
使ってトレンドを追いかけるのか、逆張りかの選択により
発生します。

オシレーター系指標で有名なものは、RSI、
ストキャスティクス、RCI、サイコロジカルラインなどが
ありますが、基本的には買われすぎや売られすぎを分析する
指標とされています。

例えば、ストキャスティクスの単純な使い方なら

%K(もしくは%D)が80以上は買われすぎだから売り狙い。
%K(もしくは%D)が20以下は売られすぎだから買い狙い。

というのが良く知られた戦略です。

でも、相場状況によっては、80%を上に抜けてから
グングン価格が上昇することもあれば、20%を下に
抜けたらさらに値をどんどん下げていくというのは
良くあることです。

例えばこんな感じです。

テクニカルトレードは矛盾だらけ!?矛盾で損する理由と対処法

ここでは80%を上抜けが確定してから最大145円も上昇しています。

ですから、ストキャスティクスを使うトレード
ルールには80以上は売り、20以下は買いというルールも
あれば、80を上抜けたら買い、20を下抜けたら売りという
矛盾するルールがあります。

こういったルールをどちらも知っていると迷いが
うまれておかしなトレードをして損してしまう要因に
なります。

おかしなトレードをして損してしまう理由

売り買いどちらのルールも存在すると
売るのか買うのか迷いがうまれることが
あります。

すと判断が遅れて不利なところでエントリー
することになる・・・

4時間足や日足ならまだしも、瞬発力が
もとめられるスキャルピングで判断の
遅れは致命的です。

不利なところでエントリーすると

●勝てたとしても利幅が小さくなる
●なかなか利確できなずにけっきょく負けトレードに・・・
●満足いく利益を深追いして負けトレードに・・・

といったちょうしでどんどんおかしな
トレードをするようになって
しまいます。

冷静に考えれば、判断に迷ったら
エントリーを見送ればいいだけの
話です。

でも、いつでも冷静なトレードができるなら
六本木ヒルズあたりに住んでるっつーの!

ってはなしですよね^^;

さて、これは同じ時間足での事例でしたが
違う時間足の矛盾もおかしなトレードに
なることあがあります。

こちらはスキャルピングトレードなのに
大きな損失になる可能性がある危険な
トレードです。

1分足の移動平均20本線を上抜けたことを
きっかけに買いエントリーしたとします。

その後、再び20本線を下抜けたので
本来なら決済するルールなのですが、
30分足を見てみると価格が20本線の上に
あります。

で、これを見て上位足の30分足チャートの
価格が20本線の上にあるなら、1分足は
また、上昇に転ずるだろう!

だから、30分足の20本線を下抜けするまでは
保有するぞ!

ということで保有をして損失を拡大して
決済という結末を迎えます。

それでは、このようなことにならない
ための対処法はどうすれば良いの
でしょうか?

おかしなトレードをしないための対処法

おかしなトレードをしないための対処法と
いっても特別なものではありません。

決めておいたことを守る。

これにつきます。

まず、同じ時間足の方は、エントリー待ちしている
ときにトレンド追従ルールもしくは逆張りルールの
どちらでエントリー待ちするか決めておく。

トレンド追従ルールと決めているなら条件に当て
はまったら迷わず買えばいいし、逆張りルールと
決めているなら迷わず売ればいいだけです。

で、どちらでエントリーするか決められて
いないなら見送りですね。

それでは時間足をまたいだおかしなトレードは、
どうすれば良いのか?

こちらもすごくシンプルで1分足でエントリー
したなら決済判断は1分足でするだけです。

最後にきてあたり前すぎるはなしになってしまい
ましたが、トレードで勝ち続けるにはルールを守る
ことはとても大切なことです。

ですが、ルールを守るのは簡単ではありません。

ですので、まずはルールを守れるメンタルを鍛えて
いきたところです。

まとめ

テクニカルの矛盾と矛盾の為に損するトレードを
してしまうということをお伝えしてきましたが
いかがでしたか?

同じテクニカル指標でもチャートの時間足が違えば
かたや売り、かたや買いといったように矛盾した状態に
なります。

また、同じ時間のチャートで同じテクニカル指標を
使っていてもルールによってかたや売り、かたや買い
という矛盾がうまれます。

矛盾があるとそこから迷いがうまれて損する
トレードにつながります。

それを回避するにはあらかじめ決めたことを守って
たんたんとトレードする。

これで矛盾にまどわされることもなくなりますので
ルールを守って利益を積み上げて行ってください!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク