スキャルピング手法で有効なテクニカルはない?いやいやあります!

そもそもテクニカルはトレードで有効でないという

意見もあります。

テクニカルが有効だと思っている人でも1分足や

5分足といった短い時間軸のチャートやスキャルピングは、

テクニカルじゃ勝てないと考えている人もいるんですね。

実は私も最初は短時間トレードのスキャルピングで

テクニカルなんて使えるわけないだろと思って

いた1人です^^;

でも今はスキャルピングで有効なテクニカルが

あることを経験から知ることができました。

それでは有効なテクニカルとは何なのか?

有効なテクニカルとその使い方を解説して

いきますので参考にしてください!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ズバリ!最も有効なテクニカルはトレンドラインです。

まず、最初にお伝えしておきたいのは、

スキャルピングで有効なテクニカルは

一つではありません。

で、いろいろ試してきた中でもっとも

高い勝率が残せているテクニカルは

トレンドラインです。

ひと口にトレンドラインと言っても

チャートの時間軸の数だけあります。

その中で、私がスキャルピングで

有効と言っているのは4時間足

トレンドラインです。

トレンドラインの使い方

それでは4時間足のトレンドラインを

どのように使ってトレードするのか

説明します。

このチャート画像の中の白丸が

トレードを仕掛けられるところに

なります。

それでは、どのようにエントリーするのか?

まずはエントリーについて。

1)トレンドライン上でエントリー

上昇トレンドなら、ある程度高い

ところから下げていることが条件。

下降トレンドなら、ある程度低い

ところから上げていることが条件。

ある程度というのが抽象的ですが、

これはチャートを見て感覚をつかむしか

ありません。

はっきりしているのはレンジ相場で

ヨコヨコの動きの時は見送るという

ことです。

これをたよりにしてデモトレードを

して感触をつかんでみてください。

2)トレンドラインからの戻りを確認してエントリー

トレンドラインに触れた後に戻りを確認する。

その後は、以下のいずれかにあてはまったら

エントリーします。

【上昇トレンド】

●トレンドラインに触れた後に陽線が出現したらエントリー

●転換の確認に使っているテクニカルを上抜けたらエントリー

例えば単純移動平均20本線を転換に使って

いるならトレンドラインに触れた後に上昇

していき20本線を上抜けたら買いというイ

メージです。

【下降トレンド】

●トレンドラインに触れた後に陰線が出現するのを待ってエントリー

●転換の確認に使っているテクニカルを下抜けたらエントリー

例えば単純移動平均20本線を転換に使って

いるならトレンドラインに触れた後に下降

していき20本線を下抜けたら売り。

2のルールを採用する場合、スキャルピング

としてトレードするなら1分足チャートを使っています。

スキャルピングで使うならと注釈を

つけたのは、このルールはデイトレードや

スイングトレードでも使えるので、そういう

表現を使っています。

デイトレードやスイングトレードは、

この記事ともこのブログともテーマが

違うので説明は省かせていただきます。

続いて決済判断(利確・損切)に使えるテクニカルを

紹介しておきますね。

【利益確定】

★水平ライン(サポート&レジスタンスライン)

★1各種テクニカル

★あらかじめ決めている利幅

★直近高値

★直近安値

★先物日中 高・安値

★先物夜間 高・安値

【損切り】

★水平ライン(サポート&レジスタンスライン)

★各種テクニカル

★あらかじめ決めている損切幅

★直近高値

★直近安値

★先物日中 高・安値

★先物夜間 高・安値

4時間足以外に有効な時間軸はないのか

トレンドラインは、時間軸の数だけ

あるのですが、結論からいうと他に

ためした時間軸は

「帯に短し襷に長し」

といった感じで使いこなすことが

できませんでした。

4時間足より短い時間足は、トレンド

ラインをあっさり抜けてブレイク

してしまうことが多くて信頼性が

落ちてしまいます。

逆に日足や週足は、信頼性が

高まったとしてもいったん抜けて

戻ってくるまで時間がかかり

過ぎる。

これではスキャルピングでは

使えません。

で、ちょうど良い感じなのが

4時間足でした。

短い時間足に関しては、信頼度が高い

トレンドラインを引くスキルが

あれば、使うことができるはずです。

ですので、短い足でも信頼度が

高いトレンドが引ける人。

これから信頼度が高いトレンドを

引けるようになることを目指す人は、

短い足のトレンドラインを使って

スキャルピングに挑戦してみてください。

トレンドラインは使えるのに水平ラインは使えないの?

「トレンドラインは有効なのに水平ラインは使えないの?」

という疑問を持たれましたか?

結論から言うとトレンドラインはもっとも使える

ということで最初に紹介しただけで水平ラインも

使えます。

ただ、水平ラインはトレンドラインより

確度の高いラインより引くのが難しいん

ですよね。

これは、みんながそうだとはかぎりませんが、

私が引く線は水平ラインよりトレンド

ラインの方が圧倒的に信頼性が高いです。

ですので、水平ラインが使えないという

ことではありません。

4時間足トレンドラインの弱点は?

「4時間足トレンドラインの弱点はないですか?」

そう聞かれてもこれと言って弱点が思い

浮かびません。

それでも一生懸命しぼり出して見ると

チャンスが少ないことが弱点と言えるかも

知れません。

何せ4時足ですから数十時間チャンスが

ないなんてこともあります。

ですから、隙間時間を使って4時間足の

トレンドラインだけを手掛かりにして

トレードするとなると月に何回トレード

できるのかな?

と不安になってしまうくらいトレード回数は

少なくなってしまうと思います。

ということで、私はいろいろな戦略を使って

スキャルピングに挑んでいます。

トレンドライン以外で有効なテクニカル

トレンドライン以外に有効なテクニカルは、

どれくらいあるのでしょうか?

これは突き詰めていけば、かなりたくさん

使えるテクニカルはあるのだと思います。

ただ、あれもこれも有効と判断できる

くらいあらゆるテクニカルの研究を重ねる

というのは私には無理です。

で、これまで自分で試してみて使えて

いるのがこちらです。

単純移動平均20本線(15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

単純移動平均25本線(1分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

ボリンジャーバンド±2σ(1分足)

一目均衡表 転換線(1分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

一目均衡表 基準線(15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

直近高値(1分足、1時間足、4時間足、日足)

直近安値(1分足、1時間足、4時間足、日足)

ストキャスティクス(15分足、30分足、1時間足)

これらのテクニカルを使うポイントは、

単独ではなくて組み合わせて使うことが

あげられます。

●●が□□のときに△△が■■になったらエントリー

といった感じでトレードするということです。

さて、先ほど

「あれもこれも有効と判断できる

くらいあらゆるテクニカルの研究を重ねる

というのは私には無理です。」

ということをお話ししましたが、自分で

できないことは人任せにしています。

どういう事かというと、そういった研究の

作業は人に任せて使えると結果の出た

テクニカルだけ使う。

こういうことをしているわけです。

そんな調子の良いことをどうやって実現して

いるかというと市販の裁量トレードロジック

(戦略)を買うという方法です。

研究にかかる時間は、数百時間はふつうに

かかります。

場合によっては何年もかけますから、それを

自分でやるなら、わずかなお金を払って検証済みの

ロジックを手に入れる。

これが現実的でおすすめです。

まとめ

現時点においては、テクニカルを使って

スキャルピングで勝てています。

ですから、スキャルピング手法で有効な

テクニカルはあるというのが私の答えです。

で、どのテクニカルがもっとも有効かというと

4時間足のトレンドラインです。

それ以外ではテクニカルを組み合わせることを

前提として以下のものが有効です。

単純移動平均20本線(15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

単純移動平均25本線(1分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

ボリンジャーバンド±2σ(1分足)

一目均衡表 転換線(1分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

一目均衡表 基準線(1分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足)

直近高値(1分足、1時間足、4時間足、日足)

直近安値(1分足、1時間足、4時間足、日足)

RSI(15分足、30分足、1時間足)

また、使えるという検証結果が得られている

市販のロジック(戦略)も取り入れています。

これからスキャルピングでトレードを始めるなら

まずは、市販のロジックを使ってみるのが

てっとり早くておすすめです。

「イヤイヤ何年かけてでも自分で有効な

テクニカルを見つけたい」

という人はその限りではありませんが^^;

PS

おすすめの市販ロジックは?

私の場合、いろいろな市販ロジックを買って、

その中の一部をトレードに採用するということが

多いです。

ですので、これといって一つを紹介するのは難しかった

のですが、今は一つだけそのまま使えると言える

市販ロジックがありますが。

それがなにというと・・・

その答えはこちらでご確認ください

⇒ こちら

今回は以上です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク