スーパースキャルピング225で乗り遅れたら落ちてくるナイフをつかむ!

スーパースキャルピング225を実践していると一気に
強いトレンドが発生して乗り遅れてしまうことって
ないですか?

今日は、そんな時に私が使っているスキャルピング手法
についてお話します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スーパースキャルピング225で乗り遅れたら落ちてくるナイフをつかむ!

相場の格言に「落ちてくるナイフはつかむな」と
いのうがありますが、「落ちてくるナイフをつかむ!

これが私が実践しているスーパースキャルピング225で
トレンドに乗り遅れた時の手法です。

落ちてくるナイフなんてつかんでいると

大ケガしてんじゃないの?

と思われることかと思います。

でも負けトレードのときでも、今のところは
カスリ傷程度で済んでいます^^

確かに戦略なくして落ちてくるナイフをつかむと
大ケガをすることもあることでしょう。

ですので、大ケガしないために自分なりにルールを
決めてトレードしています。

スーパースキャルピング225でトレンドに乗り遅れた時の手法のルール

さて、どんなルールで落ちてくるナイフをつかんで
いるのかというとこちらです。

  1.  前提条件は一定の下げ/上げ幅があること
  2.  サポート/レジスタンスライン上とそれを通り越してからの最大3回に分けてエントリーする
  3.  ロスカット幅を決める
  4.  決済幅、決済ポイントを決める

今回はスキャルピングを前提としたトレードとして
話しています。

でも、

「スーパースキャルピング225で乗り遅れたら
落ちてくるナイフをつかむ!」

は、ある一定の条件に当てはまると最高値付近で
売り、最安値付近で買いをいれて大きな反転を
狙う逆張りトレードができることがあります。

大きな反転を狙う逆張りトレードができる条件とは

最高値/最安値付近で逆張りがハマるケースを
観察していると次のような特徴があることが
わかりました。

★狙っているサポート&レジタンスにタッチして一気に値を戻す。

その際、サポート&レジタンスを抜けないことが
理想ですが、少しくらいなら抜けても大丈夫なケースが
多いです。

これに当てはまるとローソク足は長いヒゲになるので
見た目でも簡単に確認できます。

参考チャート

反転下落

反転上昇

サポート&レジスタンスライン上で上記チャートのようなヒゲの
長い足が出たらチャンスです!

もし、私と同じようにスーパースキャルピング225に
乗り遅れてしまったけどトレードしたいという人は
この情報をもとに挑戦してみてください。

それで逆張りポイントで上手くエントリーできたら
利幅を伸ばしてみてくださいね^^

大きな反転を狙う逆張りトレードで利益を伸ばすヒント

最後に大きな反転を狙う逆張りトレードで利益を
伸ばすヒントをお伝えします。

1分足ではどうしても決済ポイントが近くなって
しまうので利益を伸ばすには不向きです。

ですので、大きな反転を狙う逆張りトレードで
エントリーしたときは長い足を使って決済の
タイミングをはかります。

時間足は、15分足、30分足、1時間足、
4時時間足を使っています。

これにより1分足では狙えない大きな利益を
狙えるようになります。

たた、エントリー後に前提条件の時間足を変更
することはダブーな方法なので、大きな反転を
狙う逆張りトレード限定で使うようにしています。

この点は、ご理解の上、参考にして頂ければと
思います。

さて、そもそもスーパースキャルピング225って
何って方はこちらでレビューをどうぞ。
⇒ スーパースキャルピング225特典付レビュー

本日は以上です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク