情報商材の裁量教材を買うもう一つの理由

「提供されるノウハウに従ってトレードで勝てるようになる」

これが情報商材の裁量教材を買う一般的な理由です。

でも、私にはそれ以外にもう一つ買う理由があります。
それは、教材から得られる”刺激”が欲しいからです。

私は、その刺激のおかげでトレードに関する、いろいろな
発見をしてこられました。

最近もゲイスキャFXの購入をきっかけきにいくつか
新たな発見をすることができています。

今日は、刺激のおかげでどんな発見があったのか
紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

教材から得られる刺激とは何か?

私が言うところの刺激とはこういったことです。

●こんな考え方があるんだ
●このテクニカル指標にはこんな使い方があるんだ
●このテクニカル指標はこんなに使えるんだ

”こんな考え方があるんだ”という刺激からは
主に自分では考えつかない手法やシステムの
作り方のヒントをもらいます。

多分、こういう刺激を受けていなければ手法や
システムを作ることはなかったと思っています。

ですので、他者の作る教材はとても貴重な存在です。

テクニカル指標に関する刺激からは

”それなら、もっと研究・検証をしてみよう!”

という気持ちになり、そのテクニカルの単独での
使い方の研究をはじめます。

それが終わったら、すでに使っている手法と有効な
組み合わせがないか研究と検証をはじめます。

それで、新たな手法が生まれていくわけです。

今回ゲイスキャFXから受けた刺激からも
とても有益な発見ができました。

ゲイスキャFXから得られた刺激で発見できたもの

ゲイスキャFXと言えばローソク足を使わないという
うたい文句が印象に残ります。

あたりまえのようにローソク足を表示させて
トレードしてきた私にとっては、とてもインパクトの
ある言葉でした。

で、それをきっかけにローソク足に注目して発見したのが
前回のメールでお伝えした

ローソク足プチブレイクハンター【トレンドスキャルピング】

です。

これをお伝えしたあともローソク足の研究を続けている
のですが、1分足のローソク足が作り出すサポート&レジスタンス
ラインも条件によってはかなり信頼性の高い抵抗ラインとして
使うことができることもわかりました。

この発見は、スキャルピングトレードの安定度をかなり
高めてくれそうなので、ゲイスキャFXとの出会いは
とても有意義でした。

私はどうもゲイスキャFXを販売している
クロスリテイリングさんと縁があるようなんです。

もともとあてにならないと思っていたテクニカル指標を
使うようになったのもFX-Jinさんが数千円で販売していた
教材がきっかけでした。

他にも恋スキャFXからテクニカル指標の使い方のヒントを
もらい、自分でどんどん手法を作れるようになりました。

で、今回のゲイスキャFXをきっかけに
ローソク足プチブレイクハンターを発見しました。

しかし、これはゲイスキャFXの中身ではなくて
販売ページから得られた刺激です。

思えば私が作るパターントレード系のシステムも
デイズリッチ2019の山本さんが販売するシステムの
販売ページから刺激をもらったことがきっかけで
ロジックを発見することができました。

なので、必ずしも教材を買わなくても有益な刺激を
受けることがあるので、いろいろな教材の販売ページを
見ることはおすすめしたいです。

さて、このまま終わってしまうとゲイスキャFXの
中身からは何も刺激がなかったということで終わって
しまいそうですが、そんなことはありません。

まずは、少し前に紹介したこちらはゲイスキャFXの
中身から刺激をうけて発見しました。

スロー・ストキャスティクスとボリンジャーバンドで勝率アップ 

今回は、すごく豊作でこれ以外にもいろいろと
発見があるのですが、スーパースキャルピング225
のアレンジ方法も発見しました。

スーパースキャルピング225のアレンジ法を発見!

ゲイスキャFXの中身を見てスーパースキャルピング225
向けに発見できたものを簡潔に表現するとこうなります。

【スーパースキャルピング225高精度サインフィルター】

スーパースキャルピング225と言えば
MT4のCFDチャートに表示させるサインが
重要な役割をになっています。

しかし、サインが出たらなんでもかんでも
エントリーして勝てるというものではないです。

ですから、サインが出たところでサインに従って
トレードをするか自分で判断する必要があります。

今は相場状況が

こうだから

とか

あ~だとか

いろいろと考えてトレードするか判断するわけですが、
今回見つけたフィルターは、それと比較すると
わりと簡単にトレードするか判断できるのも
特徴です。

ちょっと例をお見せしますね。

スーパースキャルピング225サインフィルター

このサインはトレードを
見送りますが

このサインはトレード可能です。

一つではなんなのでもう一例見てみましょう。

スーパースキャルピング225サインフィルター

このサインはトレードを
見送りますが

スーパースキャルピング225サインフィルター

このサインはトレード可能です。

とうぜん100%の確率で良い結果になる
わけではないです。

でも、今のところダマシの回避と利益が
伸びやすいところでトレードするのに、かなり
有効なフィルターとして活用できています。

ということで、情報商材の裁量教材を買うことは
その教材のノウハウを得られることに以外にも
価値があると思っているというお話でした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク